ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

今さら誰にも聞けない!マイナンバー制度ってなによ?!って方向けのまとめ

 作成日:

今さら誰にも聞けない!マイナンバー制度ってなによ?!って方向けのまとめ

今さら誰にも聞けない!マイナンバー制度ってなによ?!って方向けのまとめ

安全保障関連法案の審議に沸いた今夏、その裏側で進められていたのが「マイナンバー制度」です。

安保法制が100時間以上もの審議時間をかけ、国民的議論を巻き起こしながら進められたのに対し、マイナンバー関連法案の審議はたったの35時間程度。

しかも、安保法制が私たちの国民生活に直接の影響がないのに対し、マイナンバー制度は、まさに一人ひとりに直結するテーマです。

かつては「国民背番号制」と呼ばれ、提唱されるたびに廃案になってきたこの制度が、あまりにもあっさりと審議を通過し可決されてしまったことに、個人的には大きな違和感を感じていますが…。

ともあれ、まずはマイナンバー制度のカンタンな流れをおさらいしてみましょう。

マイナンバー制度って?

  1. 国民全員に、マイナンバーが発行、郵送で通知される(2015年10月から)
  2. 税や社会保障の手続きをするとき、マイナンバーを記入するようになる
  3. 行政機関は、マイナンバーを使って、その人の納税や社会保障の状況をスムーズに確認できるようになる

かんたんに説明すれば、「マイナンバー制度」は、たったのこれだけです。メリットとしては、「行政手続きがスムーズになる」のが一番のポイント。

私たちの生活には、そんなに大きな影響は無さそうです。

マイナンバー制度にありがちな勘違い

国民的議論も報道もなく、気がついたらスタートしてしまっていたマイナンバー制度。

それだけに、いろいろと不正確な情報も広まってしまっています。いくつかご紹介しましょう。

マイナンバー通知の郵便を受け取り拒否すれば、マイナンバー制度は機能しなくなる→×

これは、まったくの間違いです。

通知を受け取る・受け取らないにかかわらず、マイナンバーは自動的に発行されています。

通知を受け取らなかった場合、「すでに発行されている自分のマイナンバーが、わからない状態」になるだけ。

デメリットしかありません。

マイナンバーが他人に知られると、自分になりすまされてしまう→×

マイナンバーは重要な個人情報を含みます。もちろん、漏洩は絶対にあってはいけません。

ですが、仮に他人に知られてしまっても、なりすまし犯罪などに悪用することは、ほとんど不可能です。

マイナンバーを使って手続きをする場合、必ず身分証明書の提出が必要になります。

そのため、マイナンバーだけで他人になりすますことは不可能です。

買い物をするたびに、マイナンバーを提示しないといけなくなる→?

これに関しては、まだYESともNOとも言えません。

現状では、マイナンバーを買い物のたびに提示する必要はありません。

ですが、仮に消費税が10%になり、かつ「マイナンバー提示で食品などの消費税を還付」とする財務省案が可決されれば、お買い物のたびにマイナンバーを示す必要がでてきます。

会社にマイナンバーの提出を拒否すると、お給料がもらえなくなる→×

マイナンバーは源泉徴収の手続きにも利用されます。そのため、勤め先へも自分のマイナンバーを提示する必要があります。

では、ここでマイナンバーの提示を拒否した場合、どうなるのか…といえば、特に法的な罰則はありません。

もちろん、マイナンバー提出を拒否したからといって、お給料を渡さないことも、認められていません。

仮に従業員がマイナンバーの提出を拒否した場合、企業の担当者は、「しっかり説明して説得すること」「その経緯を記録すること」が求められます。

それでもマイナンバーを提出されなかった場合、未記入のまま手続きすることも認められています。

その際、マイナンバー未記入の手続きが単なる記入漏れでないことを示すため、「経緯を記録すること」が求められているんですね。

マイナンバーで、銀行の預貯金もすべて国に知られてしまう→×

これは、今の時点ではNOです。マイナンバーを金融機関の口座に登録することは"推奨″されていますが、"義務"ではありません。

ですから、この手続きを銀行で行わなければ、マイナンバー=口座情報にはならず、国に知られてしまうこともありません。

ただし、将来的にはこれを義務化する方針もあります。

そうなった場合、マイナンバーを照合すればその人の口座情報がわかり、いくらの預貯金を持っているかも、国がわかるようになりそうですね。

 - 生活 , ,