ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

簡単にできて無駄のない最強の節約方法「まとめ買い」

 記事の最終更新日:   作成日:2014/9/22

hitorilifenet-indispensable-bulk-buying-point-main

一人暮らしをしていると「節約」ということを考えますが、だれでも簡単にできる節約の方法と言えば「買い物をするときにはまとめ買いをする」ということです。

これができていない人は、仕事や学校の帰りにその日の夕食や翌日の朝食となる食品を毎日買って帰り、生活用品などはなくなればその時についでに買うというスタイルの方が多いと思います。

しかしこの一見当たり前なライフスタイルが大きな無駄を生みだしているのです!!

なぜならば、このようなことをしていると

【1】少々高いなと思っても買って帰らなければ食事ができないため、仕方なく買ってしまう。

【2】毎日買い物に行っていると、不必要なものをついつい買ってしまう

という二つの理由から、「まとめ買い」をすることによって買い物に行く回数を減らすだけでも節約になるのです。

1人暮らしではまとめ買いは難しく思われがちですが、消費量を把握すれば簡単です。

どんな商品でもまとめて買ったほうがお得なので、買い物に行く日を決めておけば、例えば「歯磨き粉がなくなりそう」とか「シャンプーがなくなりそう」といった、その日までに本当に必要に迫られた生活用品のみを買うことができます。

しかし、一人暮らしでまとめ買いをする際には、そのための知恵が必要となります。特にワンルームなどに住んでいるのであれば収納スペースは非常に少なくなってしまうため、生活用品をまとめて買っても置き場所に困って管理が面倒になると言うことになるでしょう。
また、一人暮らし用の冷蔵庫を使っているならば、食材をまとめ買いしても入れるスペースに困ることになります。

これを解決するためにまずするべきことは、消耗量を把握すると言うことです。

自分は生活をするにおいて、どれくらいの生活用品を消耗しているのかを調べてみるのです。食材ならば週単位で把握し、生活用品ならば月単位で消耗量を把握するとよいでしょう。お米は毎週3kg食べていて、石鹸は毎月1個消費していて…という具合です。把握したならばそれは紙に書き出しておき、安売りのタイミングに合わせて補充していくようにします。

また、たくさんのものを収納するためには、かさを減らすことが必要になります!
そのときに活躍してくれるのは詰め替え用品です。生活消耗品で詰め替え商品があるものは詰め替え用を買えば安く済み、さらに収納にも便利です。

hitorilifenet-bulk-buying-point-middle-01

食品の保存の際には、冷蔵庫の消費電力を考慮すると電気代の節約にもなります。

冷蔵庫は構造上、食品を詰め込み過ぎると温度の維持が大変になり、電気代が高くなってしまいます。これに対して、冷凍庫ならば凍った食品が保冷剤代わりになるため、詰め込めば詰め込むほど消費電力は小さくなります。

したがって、食品をまとめ買いするときには冷凍できるものを買うとお得ということになります。

また、肉をまとめて買った時にはいくつかに分けて冷凍する、野菜をまとめて買ったらカットしてジップロックなどにいれ、冷凍しておくと便利でもあります。

関連記事:

1人暮らしでの食料・食材の保存方法まとめ

炊き立てのお米や作りたての野菜炒めを冷凍する!という節約術

 - 節約 , , ,