ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

100均グッズで可愛いアクセサリーケースを作ってみた

 作成日:

 

アクセサリーとか小物って机の上に置くとごちゃごちゃするし、かといって収納するとどこに置いたのか忘れてしまって無くしてしまうこともしばしばありますよね。

また、いざアクセサリー収納道具を買おうとしても自分の部屋にぴったりのデザインが見つからない…ということもしばしば。

そんな時は思い切って自分で作ってみちゃうのはいかがでしょう?

今回は100均グッズだけを活用して、可愛くかつ便利に使えるアクセサリーケースの作り方を紹介していきたいと思います。

作り方その①:材料をそろえる。

handmade-accessarycase-middle-01

今回使った材料

・本体用にアクリルの蓋がついた木製のケース2つ蝶番

透明な蓋だとどこに何が入っているか、すぐに確認することができるので便利ですし、また仕切り自体は取り外しも可能です。

お店によって仕切りの幅も様々なので用途に合わせて選んでみてください。

さらに蝶番も今回は銀色の大きめのものを使っていますが、大きいお店だとアンティーク調の可愛いものもあるみたいなので、チェックしてみましょう!

作り方その②:木製ケースに蝶番をとりつける。

片方の箱のアクリル板の面の側に蝶番のパーツをとりつけます。

箱の側面なら縦横どちらにつけても構いませんが、アクリル板の取り外しを行う側につけてしまうと開け閉めができなくなってしまうので、そこだけ避けてください。

このとき、蝶番に付属しているネジを使うと、箱を貫通してしまうので、接着剤を用いるのが見栄えも綺麗になりオススメです。

乾いたら、今度はもう一方の箱と接合します。アクリル板の面で向かい合わせになるように接合してください。

蝶番がついたら、ひとまず開閉式でスッキリ収納ができるアクセサリーケースの形が完成します。

作り方その③:ケースを装飾する

ここまで出来たら最後はデコレーション作業だけです。

長方形のケースなので本のようにデザインして本棚に置いたり、窓や屋根の描き込んで家モチーフにしたりとアレンジは様々にできます!

今回は旅行カバンをモチーフにしたかったのでプラスでインテリアシートと、スタッズという金具を用意しました。

濃い茶色のシートを、アクセサリーケースの背面から覆うように貼り付け、薄茶色のシートでベルト部分を作るだけ!

スタッズをつけるとより本物らしくなります。

いかがでしたでしょうか?

可愛く便利なオリジナルグッズが安くできちゃうので、お友達を家に呼んで自慢してみるのもいいですし、アクセサリーの展示販売などで活用するのもいいですね!

 - 100円ショップ便利グッズ, インテリア ,