ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

ご近所や業者さんへの準備はできていますか?引越しの礼儀総まとめ

 作成日:

ご近所や業者さんへの準備はできていますか?引越しの礼儀総まとめ

最近めっきり見かけなくなった「引越しのご挨拶」

都心部ですとほとんどの方が一人暮らしということもあり、思わぬトラブルに巻き込まれることを避ける意味でも、会ったときに会釈する程度で「ご挨拶」までする方は中々いません。

時代の流れが「好かれる努力」より「嫌われない努力」に形を変えたのかもしれません。

都心部なら「ご挨拶」をしなくてもあまり生活には関わらないかもしれませんが…挨拶するどうかの判断は管理会社や不動産に訪ねてみるのもいいですよ。

大家さんが厳しい方だったり同じマンション内に住んでいるという方はやはり挨拶に行ったほうが良いですし、お子さんがいたりする方は周りの住人への挨拶は必要だと思います。

もし「ご挨拶」に行かない、という場合でも外であったときにはにっこり挨拶をするようにしたほうがいいですね。

旧居でのご挨拶

家主さんや管理人さんへのご挨拶

賃貸アパートの場合は家主さん、マンションの場合は管理人さんなど、日ごろお世話になっている人にご挨拶をしておきましょう。

引越しすること自体は約1か月前まで(物件によっては2ヶ月前)に連絡し、契約解除などの手続きを済ませておきますが、引越し当日、部屋の明け渡しの際に、カギの返却と一緒に挨拶品を渡しましょう。

お値段は、ご近所の挨拶品の2倍程度が適当です。

ご近所へのご挨拶

ご近所へは、引越しの数日前から前日までにご挨拶を済ませておきましょう。

挨拶品は、500円から1,000円程度の消耗品が適当です。

品物としては、タオル、焼き菓子、紅茶、乾麺、石けん、入浴剤などがよく使われています。

新居でのご挨拶

家主さんや管理人さんへのご挨拶

新居では、まず、家主さんや管理人さんにご挨拶をしましょう。

挨拶品を渡し、ご近所への挨拶を普通にしても良いかどうか、確かめておきましょう。

遠方でなければ、ご挨拶を引越し前にしておくとスムーズです。遠方の場合も、引越しの日取りが決まったら、電話で連絡をしておきましょう。

ご近所へのご挨拶

マンションの場合は、真上と真下、両隣の4軒を訪問します。

一戸建ての場合は、「向こう3軒両隣」と言われる、両隣と向かいの計3軒に加え、裏の1軒もご挨拶しましょう。自治会や町内会がある場合は、会長さんにもご挨拶に行っておくと安心です。

会長さんは翌日以降でも良いですが、ご近所はできるだけ当日に訪問しましょう。

挨拶品を渡す際には、家族構成を含めて状況を伝えておくのも良いでしょう。

小さいお子さんがいる場合は、子どもが騒いでご迷惑をおかけするかもしれないと伝えておくと、少しの物音や声には理解してもらえるようになるものです。

実際には、子どもの声より母親の怒鳴り声のほうが大きかったりするのですが…。

ほかにも、夜勤や早朝の出入りがある場合、楽器の練習をする場合なども伝えておきましょう。
ご近所と言っても直接会う機会はあまりないかもしれないので、ご挨拶の機会に、今後トラブルになりそうな点については先手を打っておきたいですね。

挨拶品は、旧居と同様に、消耗品が適当です。遠方の場合は、旧居の特産品も喜ばれます。

「御挨拶」というのしをつけ、名前を入れておくと、改まり、好印象になります。

作業員への心づけ

引越しの際にいちばん迷うのが、引越し作業員への心づけではないでしょうか。

昔から作業員への心づけは習慣になっていますが、現在は、引越し料金に含まれているので、必要ありません。なかには、渡しても受け取ってもらえない業者もあるそうです。

引越し作業員さんへの心付け

でも、重い荷物を丁寧に運んでくれた作業員には、何かお礼をしたいと思うものです。

渡さなかった時に限って、引越しの終わり頃にお礼がしたくなるものなので、性格的に気になる人は、事前に用意しておきましょう。

ポチ袋に1,000円をたたんで入れていくつか持っておき、作業員が到着した時にリーダーの作業員にまとめて渡しましょう。「よろしくお願いします。」「お茶でもどうぞ。」という一言を添えて。

基本的には心づけは不要ですし、そこまでしたくないけど…という場合は、差し入れだけでも十分です。

缶ジュースを購入してタイミングよく渡すのはいかがでしょうか。ちょっとしたコミュニケーションにもなってオススメです。

筆者は作業員の数のドーナツを購入してきて差し入れをしたことがあります。

引越し後の挨拶状

挨拶状は、引越し後1か月程度で出すのが理想的です。

ただし、10月、11月の引越しであれば年賀状を兼ねても良いでしょう。

挨拶状には、引越したこと、新しい住所と連絡先、今後もお願いしますという一言を添えましょう。

最近は、メールで簡単に済ませることもできますが、新住所を記憶にとどめてもらうためにも、ハガキで送ることをオススメします。

このほかにも、職場や取引先、学校などへのご挨拶もありますね。

学校は、手続きの際に挨拶品を持参するのを忘れずに。

子どもたちがスムーズに前の学校から離れ、新しい学校に慣れていくためにも、節目の挨拶は親子できちんとしておきたいですね。

 - 引越し , , ,