ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

住むんじゃなかった!経験者に学ぶ、お部屋選びの【失敗体験談】

 作成日:

 hitorilifenet-housing-searches-failure-main

住まないとわからない?お部屋探しの失敗体験ランキング

家賃、更新料、保険も条件ばっちりで、お部屋の間取りも内装も完璧!さあ、新生活をはじめよう!…と、ワクワク気分で住んでみたら、あんな問題やこんな悩みが…。

そんな、お部屋探しの失敗談について、経験者のコメントを調べてみました!私自身の経験も添えて、ご紹介していきます。

まずは、アンケート結果による「失敗体験ランキング」を見てみましょう。

第1位 : 周囲の騒音

第2位 : 日当たりが悪い

第3位 : 間取りが不便

第4位 : 近隣住民とのトラブル

第5位 : 内装設備のトラブル、不便

このような結果になりました。

内覧では気づけない?周囲の騒音問題

もっとも多くの人が経験した問題は、「周囲の騒音」でした。

『近隣の騒音に、内覧の時には気づけなかった』という方が多くなっています。

特に問題となるのは、やはり深夜帯の騒音。隣人が昼夜逆転生活を送っていたり、夜中に騒がしい若者たちが周辺にたまってしまったり…。

こうしたトラブルを防ぐために、できれば夜間の内覧も行っておきたいですね。

詳しくはこちら → 隣人トラブルのほとんどは騒音、物件選びは慎重に。

2位以下の失敗も、内覧ではわかりにくいものが…

2位以下を見てみても、一度の内覧では、気づくのが難しい点が並んでいます。

日当たりの悪さ(2位)は、周囲の建物との位置関係なども見ておかないと、なかなか気づけないもの。
住んでみたら、日中でもずっと薄暗い…なんて失敗は、私も経験しています。

間取りの不便(3位)、内装設備の不便(5位)も、実際に使ってみないとわかりません。内覧の際に、一通り動かしてチェックしましょう。

近隣住民とのトラブル(4位)も、やはり住んでみないと気づけないポイントですね。

私の失敗談 … 屋根裏にネズミが大発生!

私の失敗談もひとつ、ご紹介させて頂きます。

問題の起きた物件は、緑豊かな新興住宅地にある、小さなマンション。家賃はやや高めだったものの、都心近くで利便性も良く、公園や緑地も整備されており、暮らしやすい環境でした。

冬に内覧を行い、気に入って即決。ところが、入居して数か月、春先になって大きな問題が発覚しました。

毎晩、天井裏からドタドタと大きな足音が…。
一瞬、幽霊騒ぎかとも思いましたが、調べてみると正体はネズミでした。

管理会社に連絡し、駆除対応をしてもらいましたが、やはり良い気分ではありませんでしたね。

どうしたら防げる?賃貸お引越しの失敗

それでは、どうすればこうした失敗を防げるのでしょうか?

失敗談の原因はどれも、一度の内覧ではわかりにくいものばかり。ですが、時間帯や曜日を変えて、何度か内覧を行えば、見えてくる部分もあります。また、内覧の際には、部屋の中だけでなく、物件周辺の状況も見ておきましょう。

ゴミ捨て場のルールが守られていなかったり、落書きがあったりする場合、要警戒だと言えそうです。

毎日を過ごす、大切なお部屋選びです。念入りにチェックしておきましょう!

 - 部屋探し , , , , ,