ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

犬猫が飼えない人にオススメのペット4種類!おひとりさまのペットライフ

 作成日:

hitorilifenet-osusume-pet-main

誰にも邪魔されず、自由な時間を満喫できる一人暮らし。その反面、誰もいない家に帰り、ただいまをいう相手もいない毎日に、ふと寂しさを覚える瞬間があるのも事実です。
「ペットを飼いたいな…」なんて思う人も多いそうですが、家を空けてる時間が多いから世話ができるか不安だし、そもそもマンションやアパートで犬猫禁止という人も多いでしょう。

一人暮らしの人がペットを飼うのは簡単なことではありません。ですが、「絶対に無理!」と断言するほど難しいことではないのです。

一人暮らしにおススメのペットというなら、やはり小動物です!

その理由は「飼いやすさ」

どうして小動物は飼いやすいのでしょう?その理由は、以下の3つです。

【1】散歩に連れて行く必要がない

犬のように毎日散歩に連れていかなくてもかまいません。仕事も家事も全て自分でやらないといけない一人暮らしの人々にとって、時間のかかる毎日の散歩は負担ですよね。

【2】家の中を傷つけない

賃貸の壁や床を傷つけられると、退去時の費用がとんでもないことになるかも。

【3】臭いが少ない

傷こそつかなくても、そのペット自体の体臭や排泄物などが壁紙や部屋全体にしみ込んで、独特の臭いになるケースがあります

全てが全てではありませんが、この3条件をクリアするペットには、小動物が多いようです。

それではここで、その小動物カテゴリから、特にオススメの4種類のペットの特徴・メリット・デメリットを紹介してみましょう!

【1】うさぎ

hitorilifenet-osusume-pet-middle-01

長い耳と大きな瞳、もふもふとした愛らしい姿が特徴のうさぎは、一人暮らしの女性たちの間で特に人気を集めています。

《メリット》…うさぎは基本的に鳴くこともなく(強い恐怖や怒りを感じた時は、稀に花を鳴らすような“ブゥ”という声で鳴くことがあります)、近所に音が漏れたりする心配がありません。
木造や鉄骨造など、音が響きやすい集合住宅でも安心です。

ペットショップでの一般的な価格は、一匹が大体数千円~3万円くらい。ケージや専用のトイレ、給水器などを合わせても、総額5万円もあれば飼い始めることができるのも魅力です。
夜行性なので、会社が学校に行っている間は大人しく過ごし、夜の帰宅後には元気に動き回って、飼い主を楽しませてくれます。

《デメリット》…うさぎ自体に体臭はほとんどなく、糞も乾いてコロンとした丸いもので、臭いもありません。ただし、うさぎの尿のアンモニア臭は強烈です。
自宅で買う際には防臭効果のあるトイレ用ペット砂を使うことになるでしょうから、マメに掃除していれば、臭いが部屋に漂うようなことにはなりません。

ただ、オスのうさぎは「スプレー行為」と呼ばれる尿を飛ばす行動をします。
これが気づかないうちに壁や家具、布製品にしみ込んで臭いを発することがあるので、オスのうさぎを飼う場合は、壁に面したケージの周囲を囲むなど、何かしらの対策をした方が良いでしょう。

【2】ハムスター

hitorilifenet-osusume-pet-middle-02

手のひらに乗るサイズのハムスターは、費用・飼い方などの面で、一番初心者向きのペットです。
つぶらな瞳やコミカルな動きの魅力はもちろん、飼いやすさからか、幅広い年齢・性別・家族構成で人気があるペットです

《メリット》…ハムスターもうさぎと同じく、鳴くことはほとんどありません。
また、ペットショップでの価格も数百円から、ケージなどの飼育用具も3、4千円程度で買えるものが多く、全て入れても1万円にはいかないでしょう。

また、ハムスターは実によく動き回るのですが、ケージの中で歩いていてこけたり、遊具から落ちたり、頬袋に餌を詰め込みすぎて穴から出られなくなったりと、微笑ましい行動も目に付きます。
ケージごとの持ち運びも簡単なので、引越しをする必要が出てきたり、誰かに預けないといけないという時に、移動が簡単なのも魅力ですね。

《デメリット》…種類によっても異なりますが、ハムスターは概して短命です。
大体1年~3年が平均的な寿命と考えておいてください。小さな体のハムスターにとっては、環境のささいな変化が命取りになることも少なくありません。ケージの中は清潔に保ち、餌や水も与えすぎないように。

また、ハムスターを番いで飼うと、子どもがどんどん増えていきます。

避妊手術を行うという方法もありますが、ハムスターのように小さな動物にメスを入れるリスクは、犬猫への手術の比ではありません。

気軽に飼い始めることのできるハムスターですが、飼ってからはその飼い方に、かなり気を配る必要があるでしょう。

【3】カメ

hitorilifenet-osusume-pet-middle-03

ペットショップだけでなく、公園の池や川など目にすることも多いカメ。
ゆったりとしたその姿は、忙しない日々を送る現代人の心を、どこかほっとさせてくれます。

川遊びに勤しんだやんちゃな子ども時代を思い出すのか、カメはどちらかというと、女性より男性に人気の傾向があるようです。

《メリット》…世話が比較的簡単であることは、ペットとしてのカメの魅力の一つです。
カメ専用の配合飼料が最近は売られているので、それを与えておけば栄養面での問題はありません。
価格も、手ごろなミドリガメなら1匹1,000円程度、水槽についても飼い始めのごく初歩的なものなら数千円から揃えられます。

また、カメはそれぞれに性格や個性がはっきりしているため、ペットというより同居人のような感覚で接することもできるでしょう。

寿命も長く、20年以上生きるものも珍しくありません。人生のパートナーとして、じっくり付き合っていくことができる生き物です。

《デメリット》…カメの世話でまず忘れてはいけないのが、水槽の毎日の水替えです。放っておくと水槽の水はすぐに悪臭を放ちますし、カメの健康にもよくありません。

また、カメの甲羅の成長・維持には、紫外線が不可欠です。室内飼いがメインになる場合は必ず紫外線灯を設置し、できる限り太陽光にも当ててあげてください。
また、カメの長寿については先ほど記しましたが、長寿だけに体もかなり大きくなります。
初めは数cmのミドリガメも、最終的に50cmくらいに成長する場合もあります。

育てきれなくなった外来種のカメを川に放ち、生態系が破壊されるというニュースもよく耳にします。
カメを飼い始める際は、最後まで責任を持てるかどうか、特にじっくりと考える必要があるでしょう。

【4】小鳥

hitorilifenet-osusume-pet-middle-04

色々な柄や鳴き声が楽しめて種類も多い小鳥は、古今東西で昔から人気のペットです。

翼を広げてはばたく華やかな姿や、歌のように軽やかに響く鳴き声は、私たちの生活に彩りを添えてくれること間違いないでしょう。

《メリット》…他の小動物に比べて人に懐きやすいので、慣れてくれば手に乗ったり、鳴き声であれこれと飼い主に話しかけてくる小鳥も多いようです。
特にセキセイインコはおしゃべりで、愛らしい鳴き声や濃密なコミュニケーションを楽しみたい方にはおすすめです。

音を気にする方には、鳴き声がそこまで響かないジュウシマツや文鳥などがおすすめです。
価格は、セキセイインコ、文鳥、ジュウシマツなど初心者向けの小鳥なら、一羽2,000円くらいが相場のようです。

鳥かごは3,000円くらいから1万円以上のものまで様々揃っているので、飼う小鳥の特性に合わせて適したものを選んであげてください。

《デメリット》…小鳥は基本的に、昼間起きていて夜には眠っている生活です。
そのため、飼い主の帰りがあまりに遅かったり、頻繁に夜更かしをする場合には、それが小鳥にとってはストレスになってしまいます。

小鳥と暮らすのであれば、規則正しい生活を心がけましょう。また、温度変化にも弱いので、夏や冬には室内の温度管理に気を配ってください。もし部屋の中に放す場合は、不意に降ってくる糞にも気をつけてくださいね。

以上、今回は4つの一人暮らし向けペットを紹介してみました。
 
もちろん、それぞれの特徴や飼うメリット・デメリットは他にも書き切れないほどたくさんあります。
ただ、どのペットも大切なひとつの命。「最後まできちんと面倒を見る」という気持ちを大切に考えた上で、何ものにも代えがたいペットとの充実した毎日をスタートしてみませんか?

 - ペット , , ,