ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

1人暮らしの節約のコツ 食費&電気代を意識すればだいぶ変わる!

 作成日:

1人暮らしの節約のコツ 食費&電気代を意識すればだいぶ変わる!

1人暮らし…はじめてみるとお金が大変。

実家で暮らしていた時とは異なり、身の回りことをすべて自分で行わなければならない1人暮らし。実際に始めてみると、お金のやりくりが結構大変です。

何も気にせず生活していると、給料日前や仕送り前などはお金が足りなくなってしまい、食事もまともにとれないほど…ということにもなりかねません。

日常生活の中で、ほんの少し気をつけるだけで、できる節約術がたくさんあるのです。

1人暮らしの節約ポイント、大きく変わるのが「食費部分」

毎日外食するのと、自炊するのでは、かかる金額が大きく異なります。

健康のことも考えて、自炊するのがオススメですが、今まで料理をまったくしたことがない、本当に料理が苦手、という方もいるでしょう。

そんな方は、まずはお米だけでも炊いて、自宅に用意しましょう!

お米

お弁当を買うにも、おかずだけ買うことができ、その分お金を節約できます。

また、電気代を節約するなら、お米が炊きあがったら、炊飯器の電源をすぐに切り、ご飯を1回分ずつに小分けにして、冷凍しておくのもオススメです。

炊飯器に入れっぱなしにしてしまうと、味もどんどん落ちてしまいますが、冷凍保存しておけばその心配はありません。

1人暮らしの方の買い物の際には、生鮮食品のまとめ買いはオススメしません。

食べきれないことが多いので気をつけましょう。野菜などをたくさん買っても、1人では使い切れずに捨ててしまうことが多ければ、無駄になってしまいます。

肉や魚などの冷凍保存できるものは、安く手に入れて冷凍しておくこう

野菜冷凍

冷凍すると、かなり味が落ちるものもありますので、野菜などは注意しましょう。 

また、外食をするなら、1ヶ月にいくらなどと上限を決めておくのも手です。

お財布にあると際限なく使ってしまう場合は、食費や外食費として、決まった金額を袋などに分けておくといいでしょう。

使い方次第では大きく金額が異なる電化製品は、賢く上手に利用

エアコンはフィルタ交換

夏や冬などに金額がかさむエアコン代ですが、まずは設定温度をこまめに調節すると、それだけで節約できます。

夏なら1度でも高く設定し、冬なら1度でも低く設定すると、消費電力を抑えられます。

また、フィルターをこまめに掃除することで、余計な電力を使いません。

暖かい空気は上にたまり、寒い空気は下にたまる性質がありますので、扇風機などで空気を循環させると、室内の温度が均一になります。

費電力が高い電化製品は、エアコンの他にもドライヤー、洗濯機、掃除機、電気ポットなどがあります

洗濯機の節約

髪の長い方なら、髪をしっかりタオルドライしてからドライヤーを使う、洗濯機は、ある程度の洗濯物がたまってから動かす、などと工夫するといいですね!

掃除する際には、掃除機のスイッチのON、OFFを繰り返すと電気を多く消費すると言われています。

前もって掃除機をかけやすいように、床に置いてある物を片付けてから掃除をすることで、節約につながります。

好きなだけ生活にお金を使える方なら問題ありませんが、決まった範囲の中でやりくりしている方が大半です。

決められた金額の中で、周りにケチと思われずにしっかり節約する方法は、ネットで検索すればたくさん出てきます。

皆さんの長年の知恵を参考に、ご自分でも節約方法を考えてみると、節約が楽しくなってくるかもしれません。

関連記事

1人暮らしで、1ヵ月にかかる費用とその内訳

 - 節約 , , ,