ひとりライフ

一人暮らしに必要な毎月の費用や自炊レシピなど一人暮らしに役立つ情報をまとめています!コストコでのまとめ買いやクレジットカードでの節約術も紹介しています。

一人暮らしの防犯対策

 作成日:

entryimages_05

一人暮らしだと何かと気になるのは防犯だと思います。

一人なので自分の身は自分で守らないといけないですよね。

家を出る時や入る時には、たとえ一人暮らしだとしても「いってきます」「ただいま」などの声を出すといいですよ。帰りが夜遅くなる場合は、決して音楽を聞きながら帰るのではなく周りを気にしながら注意して帰りましょう。

ドアを開ける前に周辺を見渡す癖もつけましょう。

一人暮らしで一番ドキドキする瞬間は、インターホンが鳴った時という人が多いです。
ドアモニターがあれば、来た人の顔が確認できるのでまだ気が楽ですが、ドアモニターがない人は、誰が来ているのかわからないのでのぞき穴からのぞいて知らない人であれば事前に連絡のない場合は気軽に出ないようにしましょう。

宅配便などでしたら不在伝票などを置いて帰りますし、本当に用事のある人ならメモをおいて帰ったり電話やメールで連絡を取ろうとしてくれるでしょう。

誰だかわからない場合は非常識だとは思わずに堂々と居留守を使ってかまいません

連絡もなくいきなりやってくる人の方が非常識だと思って大丈夫です。宗教勧誘や新聞の勧誘などもさっと断ってかまいません。

私は、一人暮らしを始めた頃は実家にいた頃の癖でついついインターホンに出てしまっていましたが、宗教勧誘や新聞の勧誘などばかりで本当に用事のある人がきたことはほとんどありませんでした。

今では事前に連絡があるか、明らかに宅配便だとわかる人しか出ません。

宅配便なのに知らなくて居留守を使っていると「ヤマトです」とか「佐川です」とか言って宅配だと知らせてくれるのですがそういうい場合でも送ってきた相手の名前を確認してからでないとドアは開けないようにしています。

entryimages_middle_07

もし知らない人が訪ねてきて開ける場合は、失礼だと思うかもしれないけれど必ずチェーンをしたままドアを開け、身分が証明できるまではチェーンを外さないようにしましょう。

一人暮らしの防犯は、注意してもしすぎることはありません!

家にモニターがある人は、訪問者の確認できますが、知らないひとは出ないようにしましょう。

また、モニターに誰も映っていない場合は出なくて構わないです。わざと映らないように立っているのかもしれません。

面倒だからと施錠しない人も多いですが、ゴミ捨て場ポストなどちょっとした用事ですぐに帰ってくる場合でも絶対に鍵をかけて出るようにしてください。

 - 生活 , ,